前立腺炎・前立腺肥大症・前立腺がんの診断と治療は、札幌市南区の仁楡会病院へご来院ください。

仁楡会病院 TEL 011-814-9911
札幌市南区澄川2条1丁目3-8
ホーム 交通アクセス
地下鉄南北線澄川駅徒歩5分・駐車場55台
病院のご案内 診療のご案内 病気と治療 医療関係者の方 その他
ごあいさつ 外来案内 泌尿器科の病気 地域医療連携室 個人情報保護
病院概要 入院案内 尿路結石症 透析情報管理システム 治験事務局
施設設備 透析案内 体外衝撃波結石破砕 HTSS研究会 求人情報
医師紹介 シャント治療 前立腺の検査と手術 学術業績 ギャラリー

ホーム>病気と治療>前立腺の検査と手術

前立腺の検査と手術(前立腺炎・前立腺肥大症・前立腺がん)

前立腺疾患には大きく分けて3つあります。
まず前立腺炎、そして前立腺肥大症、もうひとつが前立腺がんです。
<このページ内で移動>
前立腺炎
前立腺肥大症
前立腺がん

前立腺がんの検査について

経尿道的前立腺核出術(TUEB)
接触式レーザー前立腺蒸散術(CVP)

前立腺手術・検査の入院経過予定

前立腺炎

前立腺炎は、年齢に関係なく30~40代でも一定で起こりえます。
急性では細菌が前立腺に感染することで起こり、発熱に頻尿、排尿時痛、残尿感などの症状が現れますが、抗生剤などの服用で治まります。
慢性の場合は、慢性の排尿時痛や不快感を主訴とし、服薬を中心に長期的に治療を進めます。
<このページTOPへ>

前立腺肥大症

前立腺肥大症は、年齢と関係し、50歳からの発症が多く見られ、症状に差はあるものの加齢とともに発症頻度が高くなる加齢現象の一つといえます。
自覚症状としては、肥大した前立腺が尿道を圧迫するため、尿が出づらい、たびたび尿意をもよおす、などの排尿障害が現れます。
排尿し終わるのに1分以上かかるあるいは残尿感が残るようでしたら、治療が必要でしょう。
早い段階でしたら、定期的な服薬による治療が効果的です。
また、症状が悪化すると、尿が出なくなる尿閉の状態になります。
この状態にまで症状が進行すると、多くの場合は手術が必要になりますが、開腹の必要はなく、内視鏡による身体に負担の少ない手術が適用されます。
ある程度肥大症が進んでいると、アルコールやかぜ薬が引き金となって急に尿閉になることもありますので、尿が出づらくなっているのに「年だから」とがまんしないで、早めの受診を心がけてください。
前立腺疾患は急性の前立腺炎をのぞいてじわじわと進行していきます。
1カ月単位で見るとわからないかもしれませんが、1年前と比べてみて排尿時に違いがあるようでしたら泌尿器科を受診してみてください。
<ページTOPへ>

前立腺がん

前立腺がんは欧米では男性がかかるがんでは一番多く、死亡率も肺がんについで二番目の多さで、最近日本でも増加傾向にあります。
前立腺がんは進行してくると肥大症と同様の排尿障害等の症状が出てきますが、初期にはほとんど症状がなく、以前は、早期発見が難しいがんでした。
今では、血液中のPSA(前立腺特異抗原)という、前立腺でつくられる蛋白質を調べることにより、症状のない初期の段階から前立腺がんの可能性をチェックできるようになっています。
前立腺がんの検査は他に、直腸内指診で前立腺の大きさ、硬さ、表面の状態などを、超音波検査で、大きさ、形、内部構造などを調べ、これらの結果を総合的に判断し、確定診断のための生検をするかどうか決めます。
生検とは組織を直接採取して調べる検査で、前立腺の場合は超音波画像を見ながら、針を刺して組織を採取します。一般に6~12ヶ所に針を刺します。採取した前立腺組織は、顕微鏡で観察してがん細胞がないか調べ、あった場合、がんの悪性度を調べて治療法決定の参考にします。
もし生検でがんが見つかったら、周辺臓器への拡がりを見るため、CTやMRI検査を、また、転移しやすい骨の状態を見るために、骨シンチグラフィという検査を行います。
前立腺がんの治療法には、大きく分けて「手術」、「放射線療法」、「内分泌療法」があり、どの治療法を選ぶかは、PSA値、悪性度、進行度、年齢などによって異なります。
最近は、PSA検査の普及により、がんが前立腺内にとどまる「限局がん」が増えており、この場合は手術や放射線療法で根治を目指しますが、前立腺外に拡がっていたり、転移がある場合や、高齢者の場合は、内分泌療法が中心となります。
<ページTOPへ>

前立腺がんの検査について

前立腺がんは50歳以上の男性に多い病気です。
早期発見するため、年に1回のPSA検査(血液検査)をおすすめします。
がんの疑いがある場合は、前立腺生検を行い診断します。
<ページTOPへ>

経尿道的前立腺核出術(TUEB:チューブ)

近年、前立腺肥大症に対する薬物療法の進歩は目ざましく、薬を内服してさえいれば、手術を受けなくても済む患者さんが増え、ここ十数年で、年間手術件数は半数以下に激減しました。
一方で、薬物療法が無効である患者さんは一定の割合で存在し、これらの患者さんの中には、前立腺がかなり巨大である頻度が高くなってきています。このような患者さんには、やはり手術が必要となります。
前立腺肥大症の手術の方法(術式)は、1900年代(20世紀)前半(戦前)までは開腹手術しかありませんでしたが、1900年代後半(戦後)に経尿道的手術であるTUR-P(経尿道的前立腺切除術)が確立しました。
これは内視鏡手術で、腫大した前立腺を電気メスで削り取るという術式です。その後さまざまな新しい術式が開発されてきましが、日本では現在でもこの手術が最も標準的な術式となっています。
当院では1988年の開院以来約20年、このTUR-Pを中心とした前立腺肥大症手術を行い、良好な成績を納めてきました。
しかし、TUR-Pでは、前立腺が巨大である場合、出血量が多くなり輸血を要する可能性や、手術時に使用する非電解質灌流液が原因で、TUR症候群と呼ばれる重篤な合併症を発症する危険性が高くなるという欠点があります。
そのため、従来、巨大な前立腺肥大症の患者さんには、昔から行なわれていた、開腹による前立腺摘出術が必要でした。
当院では最新の内視鏡手術である「TUEB」(チューブ:経尿道的前立腺核出術)を、2008年2月に道内でもいち早く導入しました。
これは前立腺を「削り取る」のではなく、腫大した前立腺組織(腺腫)を、前立腺を包んでいる皮(被膜)から剥がし落とし(核出=「くり抜く」)、一かたまりの状態で一たん膀胱内に入れ、最後に「モルセレーター」という専用の機械を用いて細かく切り刻んで吸い取り、体外に取り出すという手術です。

電気メスを用いる手術ですが、TUR-Pに比べ、出血量が格段に少なく、灌流液に電解質を含む生理食塩水を用いるため、TUR症候群を起こす危険性が皆無で、従来は開腹手術を要するような巨大な前立腺や90代の超高齢者でも手術可能となりました。
2008年2月以来、現在まで300例以上の症例にTUEBを行ってきましたが、いずれも安全に手術が行われ、これまでのTUEBによる前立腺切除重量の最大値は193g(体積では257mL)、最高齢は91歳となっています。
これまで「前立腺が大きくて手術が必要だが、高齢で無理」、「開腹手術が必要」等と診断された患者さんでも、当院では内視鏡手術で対応可能な場合がありますので、是非ご相談ください。
(なお、重篤な心・血管系の基礎疾患(合併症)等のある患者さんは、この手術を受けられない場合があります。)
大きな図で見る 大きな図で見る
<このページTOPへ>

接触式レーザー前立腺蒸散術(CVP)

前立腺肥大症に対する手術方法(術式)は、経尿道的前立腺切除術(TUR-P)が最も古くからあり、現在でも最も標準的な術式ですが、当院では2008年2月以降、より安全な経尿道的前立腺核出術(TUEB)を300例以上行ってきました。(TUEBの項参照
TUEBはTUR-Pよりも出血が少なく、超高齢者や巨大な前立腺肥大症にも対応できるというメリットがありますが、手術時間が比較的長い、術後尿失禁の頻度が比較的高い、使用する内視鏡が太いため尿道のダメージが心配される、心臓疾患や脳血管疾患などで抗血栓療法中の患者さんでは術前後に抗血栓薬を休止しなければならず、血栓症再発のリスクを伴うというデメリットがあります。
CVPは日本では2016年に保険収載された最新のレーザーによる前立腺内視鏡手術です。腫大した前立腺組織(腺腫)に光ファイバーを接触させ、レーザーを照射して腺腫を一瞬で蒸発させてしまうという手術です。
レーザーによる前立腺手術は1990年代前半にさまざまな方法が開発されましたが、どれも治療効果が不十分だったり、副作用が多かったり等で、広く普及することなく廃れました。
その後2005年に、比較的安全で比較的治療効果の高い光選択式レーザー前立腺蒸散術(PVP)が登場しましたが、いくつかの短所があり、前立腺手術の主流になるには至っていません。
CVPはPVPの短所を克服した最新のレーザー手術で、現在日本全国各地で新規導入やPVPからの切り替えが行われているところです。
CVPは術中の出血がほとんど見られないため、TUR-PやTUEBのように術前後に抗血栓薬を休止しなくても手術が可能です。そのため、これまで抗血栓療法中で治療困難だった患者さんでも手術が行えるようになりました。
また、手術時間が60分未満と非常に短く、術後のカテーテル留置期間も1~2日と短いので、入院期間も5~6日程度で済みます。使用する内視鏡が細いため尿道のダメージが少なく、さらに、従来の手術に比べて頻尿や尿意切迫感などの膀胱刺激症状が改善する率が高く、術後に薬の服用が不要になる可能性があり、肉体的にも経済的にも負担が少ない手術となっています。
当院では2018年2月に道内で初めてCVPを導入しました。抗血栓療法中の患者さんや93歳の超高齢者でも安全に手術が可能であることが証明されています。また、前立腺があまり大きくなく、これまで手術適応ではないとされていて、薬物療法では症状が改善しない症例にCVPを行い、非常に高い治療効果が得られています。
抗血栓療法中や高齢などで手術が難しいと言われている、薬物治療中にもかかわらず症状が改善しない、内服薬で改善は見られているが生涯にわたり薬を飲み続けたくない、入院を短期間で済ませたいという患者さんはぜひ当院にご相談ください。
(注:なお、前立腺体積が100mLを超えるような巨大な前立腺肥大症の場合は、CVPでは対応しきれない場合があり、TUEBの適応になります。)
大きな図で見る 大きな図で見る
<ページTOPへ>

前立腺手術・検査の入院経過予定

患者様の入院経過予定がご覧になれます。
前立腺肥大症の経尿道的手術(PDF:165KB)
前立腺生検(PDF:270KB)
<このページTOPへ>
外来案内
AM ○ ○ ○ ○ ○ ○
PM ○ ○ × ○ ○ ×
AM 9:00~
受付 8:45~11:30
(水曜のみ予約制)
PM 1:30~
受付 5:00まで
日曜・祝日は休診
交通アクセス
道内初の
前立腺蒸散術
道内でいち早く
前立腺核出術
尿路結石に先進的
レーザー砕石術
体外衝撃波結石破砕
ESWL
リハビリテーション
人工透析
on-lineHDF
ホーム 交通アクセス
病院のご案内 診療のご案内 病気と治療 医療関係者の方 その他
ごあいさつ 外来案内 泌尿科の病気 地域医療連携室 個人情報保護
病院概要 入院案内 尿路結石症 透析情報管理システム 治験事務局
施設設備 透析案内 体外衝撃波結石破砕 HTSS研究会 求人情報
医師紹介 シャント治療 前立腺の検査と手術 学術業績 ギャラリー

Jinyukai Hospital | Urology | 2-1-3-8,Sumikawa,Minami-ku,Sapporo-shi,Japan | Phone:011-814-9911

医療法人仁楡会 仁楡会病院
泌尿器科・血管外科・人工透析
〒005-0002 札幌市南区澄川2条1丁目3-8
TEL 011-814-9911
澄腎クリニック
人工透析
〒062-0933 札幌市豊平区平岸3条18丁目1-24
TEL 011-841-9005
Copyright Jinyukai Hospital. All right reserved.